【車査定課長.com】車を1円でも高く売るために教える戦略と裏事情

車査定と、車の買取の裏事情!車を高く売るために知りたい、査定額から一押しして、あと1万円上乗せするための車査定課長からのアドバイス集

車を賢く売るためのQ&A

故障車は直してから下取りに出す?直さずに出すどっち?

2016/06/19

車が故障したのでこれを機に買い替えたいけど、やっぱり故障箇所は修理してから下取りに出したほうが下取り価格も高くなるの?

最近の日本車は滅多なことでは壊れなくなったので稀なケースだと思いますが、故障した箇所がある車を下取りに出す場合は直してからのほうが高くなるのでしょうか?

故障個所は直さず下取りに出した方が出ていくお金は少ない

故障といっても色々なケースがあると思いますが、結論から言えば故障箇所は直さずに下取りに出したほうがいい!といえます。

基本的に車の査定というのは減点方式です。基準点が有り、そこから走行距離や傷、色などによって減点されていきます。故障箇所についても同じで、車の基本的な装備に不備がある場合には一定の決められた「減点率」を採用していきますので、部位に応じた金額が減額されます。

ここで気になるのが、減点額と実際に実費で修理した場合の金額差がどれだけあるかということ。

査定の場合にはどこのメーカーでも公正な査定額を出せるように、項目ごとの基準値から計算する方式になっています。

例 パワーウインド故障の場合減点20点(2万円相当)
ナビゲーションのトラブル減点40点(4万円相当) など

しかし実際に修理をするとなると、これ以上の金額が請求されることも少なく有りません。なぜなら修理した請求額には、ディーラーの利益も含まれているからです。

これが中古車として仕入れた車を修理するとなれば、ディーラーは原価で修理して次の利益に変えていきますので、査定時に低い減額をしてもマイナスにならないのです。

車を下取りに出して買い替えが決まったなら、わざわざ修理してから出すよりも、修理せずに査定をしてもらった方がトータルではプラスになるということを覚えておきましょう。

記事を閉じる前に注目!査定課長の裏コラム

現実には壊れたからさあ買い替えようというのではなく、壊れて修理の見積もりをもらった後に金額を見てどうするか検討するというパターンが多いと思います。

となると、ディーラーとしては修理の見積もりが出ているわけですから、言葉巧みに修理金額分をごっそり減額しようとしてくるはず。ここで条件を飲んでしまうようでは、万単位で損をする可能性が高いです。

ディーラー以外の買い取り専門サービスなどでも査定の相見積もりを取り、適正な車の査定価格を見定めるのがポイントといえます。


-車を賢く売るためのQ&A
-,

車を売るときの疑問解決

1
車査定で買い取り額が上がる仕組みと高く売る具体的な方法

あなたは車を高く売るために、何が重要なことだと思いますか? 査定士との交渉力? ...

2
年式が古い車ほど一括査定をするメリットがある?10年以上乗ってるなら注目!

長年1台の車を乗り続け、愛着を持って手をかけながら寄り添ってきた・・・。そんな車 ...

3
車庫に長年放置してある動かない車でも買い取ってもらえる可能性あり!

乗らなくなって久しい車が車庫に放置してある・・・車検も切れていて動かせないけど何 ...

4
車を売るとき、下取りと買い取りではどんな違いがあるか徹底比較

ディーラーで車を下取りしてもらうのと、買い取り専門店に車を売るのとではどんな違い ...

5
事故車はディーラー下取り価格が安い?事故車を嫌がる内部事情

なぜディーラーは事故車を嫌うのか??ディーラーで事故歴のある車の下取りしてもらう ...