【車査定課長.com】車を1円でも高く売るために教える戦略と裏事情

車査定と、車の買取の裏事情!車を高く売るために知りたい、査定額から一押しして、あと1万円上乗せするための車査定課長からのアドバイス集

損しないための戦略

中古車売却時に査定額アップの交渉・良い例悪い例について

2017/02/11

車を売却するのなら、1円でも高く売りたいと思う人は多いです。

そこで重要だとされるのが査定額をアップさせるための交渉になります。車を売るときは、必ず担当の営業とのやり取りが発生します。決まった価格がない車というものだからこそ、交渉力次第で買い取り値段が動くこともあります。

中古車を売却するときの流れとしては、査定をしてもらったあとで交渉を行うのですが、どうすれば価格をアップできるのでしょうか。

ここでは査定額をアップさせる交渉術の良い例と悪い例を紹介していきますので参考にしてください。

交渉をする前の基本を身につけよう

交渉を行う前に売却額をアップさせたいのなら、まずは相見積もりをとることから始めてください。

相見積もりとは複数の業者から見積をとることで、足元を見た査定にならないようにすることができます。

最近では中古車一括査定のサイトがあり、そこを利用すると簡単に複数の中古車業者から見積もりを取ることができるでしょう。

高く売るなら登録しておきたい厳選の一括査定サイト3選

見積もりをとったあとは、実際に査定にきてもらう業者選びです。ここでは査定額の高かった3つほどの業者を選ぶようにしてください。

いちばん高いところだけで良いのではと思う人も多いでしょうが、複数の査定を受けて比較することがポイントになります。

先述したように、交渉だけで買取額は劇的にアップすることはありません。

ですので、最初から高く買い取ると見積もりをしてくれた業者とだけ、交渉をするのが基本となるのです。

交渉する時の「悪い例」を知っておこう

交渉をする時に注意しておきたいのが、もっと高くならないの?というような言葉です。

良く言ってしまう人がいるのですが、この言葉を口にすると業者は確実に、これで精いっぱいの額ですと答えるでしょう。

でも、今売ってくれるのなら、いくらまで出しますよというように交渉をされてしまいます。これでは切り出した我々が逆に足元を見られてしまっていることになります。

この答えで査定額がアップしたと勘違いする人も多いのですが、実はそんなことはありません。

業者としては想定内の答えですんでいる上に、実際に限界の価格で買取をしていることもないのです。

ですので、もっと高くならないと聞くくらいでしたら、他の業者さんだとこのくらいの価格がついたとハッキリ言った方が良いでしょう。

また、無駄に交渉を長引かせようとするのも良くありません。業者としては、できればその場で即決して欲しいものですので、そこまで付き合う必要はないです。

しかし、何回も交渉を重ねるのではなく、最初の査定が終われば次で決めるくらいの気持ちでいてください。

査定額を上げるための交渉術の「良い例」とは?

では、逆に良い例を紹介してみましょう。

先ほどのような時にはどう答えると良いのかというと、他の業者さんの査定もあるからいちばん高いところで売りますと告げることです。

他にも検討先があるということで、まずは軽く揺さぶってあげること。

前述のように他の業者の査定を受けた後なら、査定額を比較してあっちの業者の方が高かったというのも効果的です。

他の業者さんは何万円だったけど、そちらではいくらまで出せますかと聞いてみるのも良いでしょう。

次は、できるだけ相手にとってメリットになることを先に提示し、査定に来た営業マンが上司に相談しやすくしてあげることです。

相手にメリットなる要素は、

  • すぐに契約を持ち帰りたい → 「今日決断できる旨を伝える」
  • 時間を取られたくない → 「良い条件が出れば他に相談はしない」旨伝える

一度でも査定に来てもらった人は分かると思いますが、たいていは今すぐ決めてくださいと言ってきます。できるだけ早く決めることで、業者としても相場が動く前に買い取った車を転売できるから。

お互いに時間をかけたくないのは心情であり、価格面では相手を焦らしつつも、契約面では安心感を与えてあげるのが効果的です。

基本的に査定をしにくる人は交渉を何回も重ねていることが多く、素人がヘタに立ち回ろうとしても失敗してしまいます。

ですので、腹の探り合いをするくらいなら、ストレートに勝負した方が良いでしょう。

結果、業者としてもこの額までなら出しても良いけれど、それ以上は厳しいという額を提示してくるはずです。

時間をかければより高くなるかもしれませんが、交渉が長引くと思うと業者も本腰を据えてしまいますので良くありません。

結果、正直に交渉した方が得をすると言えます。

まとめ

中古車売却で買取額をアップさせるための交渉というのは、派手なものではありません。

1つだけ覚えておいて欲しいのは、査定額をアップできるといっても交渉だけで10万円や20万円アップにはならないということです。

侃々諤々とやりとりをするのではなく、最初から価格を出して勝負していった方が早く終るだけではなく、業者の印象も良くなります。

業者としても交渉されるのは慣れているものですので、時間をかけずにさっと終わらせてしまうのを心がけておきましょう。

また、最初にお伝えしましたが交渉次第で数十万円も買取額がアップすることはありません。引き際を心得ておくことも大切なことです。


-損しないための戦略

車を売るときの疑問解決

1
車査定で買い取り額が上がる仕組みと高く売る具体的な方法

あなたは車を高く売るために、何が重要なことだと思いますか? 査定士との交渉力? ...

2
年式が古い車ほど一括査定をするメリットがある?10年以上乗ってるなら注目!

長年1台の車を乗り続け、愛着を持って手をかけながら寄り添ってきた・・・。そんな車 ...

3
車庫に長年放置してある動かない車でも買い取ってもらえる可能性あり!

乗らなくなって久しい車が車庫に放置してある・・・車検も切れていて動かせないけど何 ...

4
車を売るとき、下取りと買い取りではどんな違いがあるか徹底比較

ディーラーで車を下取りしてもらうのと、買い取り専門店に車を売るのとではどんな違い ...

5
事故車はディーラー下取り価格が安い?事故車を嫌がる内部事情

なぜディーラーは事故車を嫌うのか??ディーラーで事故歴のある車の下取りしてもらう ...