【車査定課長.com】車を1円でも高く売るために教える戦略と裏事情

車査定と、車の買取の裏事情!車を高く売るために知りたい、査定額から一押しして、あと1万円上乗せするための車査定課長からのアドバイス集

車を賢く売るためのQ&A

オプションパーツはたくさんあるほど車の買い取り査定額は高くなる?

2016/07/02

車をドレスアップしたり、便利な機能を追加するためのオプションパーツ

車のオプションパーツって意外に高いもので、新車を買時には装備品をこだわってつける人がいますが、車を売るときには査定でプラス加点してもらえるのでしょうか?

はじめにネタバレですが、オプションパーツは車の買取査定額にはほとんど影響を与えないものと考えておいた方がよいです。オプションは乗る人の好みで価値が大きく変わる上に、基本的には後付けのパーツとなるので一般的な車の流通相場ではあまり加味されないことが多いためです。

しかしオプションパーツによっては、装着していると買い取り額をプラスしてもらえて高く売る要素になる例外もあります。

実際の車買取の現場で、オプションパーツがどのように評価されているのかを詳しく解説していきたいと思います。

メーカーオプションはプラス査定になる場合もある

オプションの中でも、装着していると加点として評価してくれる装備品もあります。

その一つがメーカーオプションと呼ばれる装備品。メーカーオプションとは、工場で車を組みたてる際にしか装着できないパーツのことで、基本的に後から付けることができないパーツのこと。

自動車の新車カタログに記載されており、分かりやすいものだとサンルーフとか、電動のスライドドアなど。稀少価値があって中古車市場で人気の装備や、利便性が高まり装着されていると車を再販売するときに営業力が高まるメーカーオプションなら、プラスで査定金額がつく場合もあります。

プラス加点となりうるメーカーオプション装備

  • 電動サンルーフ
  • ディスチャージ(キセノン)ヘッドランプ
  • 純正の大口径ホイール
  • 電動スライドドアなど利便性の高いもの
  • 本革のシート

サンルーフは意外ですが中古車市場でも人気があり、若い世代に評価されるため加点で査定額が上がります。白く明るいヘッドライト、アルミホイール、革のシートなども、中古車市場で人気の装備なので加点されるケースがあります。

利便性の高い電動装備は今でこそ当たり前のように、ワンボックスカーに装着される装備になりました。グレードによっては付いていない車種もあり、付けていた場合は中古車市場で売りやすい車として評価される傾向にあります。

あまり加点要素にはならないメーカーオプション

  • メーカー純正のナビゲーション
  • 音響システム
  • 追加装着のエアバッグシステム

ナビゲーションや音響関連は技術の移り変わりが激しく、特に取り換えの難しいメーカー品の場合はあまり歓迎されない傾向にあります。プラスにもマイナスにもならないです。

エアバッグなどの安全装備も、すでに標準で必要十分な装備が組み込まれてケースが多いので、特別な需要を除き加点になることはありません。

ディーラーオプションはあまり評価されない

オプションパーツにはもう一つ、ディーラーオプションというタイプのオプションパーツがあります。

メーカ装着と異なり、ディーラーで車を買うときに後付けをするタイプのオプション品。雨除けのバイザーとか、オーディオ、カーペットもディーラーオプションとして取り付けるものですね。

高価なドレスアップパーツもあり、車内を快適にする空気清浄機、イルミネーションみたいなものもオプション設定されているなど、ディーラーによってバリエーションが豊かなのが特徴。

こだわってたくさん装着する人もいるかもしれませんが、これらのパーツは車を売るときの査定で価値が高くなることはほとんど無いのです。高く売るためのアピールポイントにするには難しい要素です。

加点される可能性のあるディーラーオプション

  • トータルで組み付けたエアロパーツ
  • ディーラー指定の大口径ホイール

唯一加点される傾向が高いのが、トータルでくみ上げられたフルエアロパーツ。若い世代には人気があり、中古車市場で売りやすいポイントになるものです。もちろんトータルで、大きな損傷がないことが条件です。

アルミホイールなども見た目に分かりやすく、純正であることが分かるものや名のあるメーカーのものであれば加点になる可能性があります。

すべては需要と供給の関係で値段が決まってくるもの。中古車の市場では、比較的若い世代の購入者が多いのもあり、ドレスアップ系のパーツ装着車は高値で取引される傾向にあるのです。

オプションパーツを評価してもらうためには?

オプションも種類によって大きく評価が分かれるということをまとめてきました。

しかし、結局値段が変わらないなら仕方ないか・・・と諦めるのはもったいないです。ディーラーの下取りで値段が低かったり、買い取り業者で値段があまり変わらなくても、オプションを評価してくれる業者はゼロではないからです。

具体的にどこなら高いというものではないのですが、買い取り業者がそれぞれ抱えているお客さんの需要によっては加点要素になる場合があるのが車の値付けの面白いところ。

車を高く売るための荒業・・・も参考にしていただきながら、できるだけ多くの業者に査定してもらうことで高値を引き出せる場合があります。せっかくこだわって買った車を正当に評価してもらうために、多少の手間は惜しまないでほしいですね。


-車を賢く売るためのQ&A
-, ,

車を売るときの疑問解決

1
車査定で買い取り額が上がる仕組みと高く売る具体的な方法

あなたは車を高く売るために、何が重要なことだと思いますか? 査定士との交渉力? ...

2
年式が古い車ほど一括査定をするメリットがある?10年以上乗ってるなら注目!

長年1台の車を乗り続け、愛着を持って手をかけながら寄り添ってきた・・・。そんな車 ...

3
車庫に長年放置してある動かない車でも買い取ってもらえる可能性あり!

乗らなくなって久しい車が車庫に放置してある・・・車検も切れていて動かせないけど何 ...

4
車を売るとき、下取りと買い取りではどんな違いがあるか徹底比較

ディーラーで車を下取りしてもらうのと、買い取り専門店に車を売るのとではどんな違い ...

5
事故車はディーラー下取り価格が安い?事故車を嫌がる内部事情

なぜディーラーは事故車を嫌うのか??ディーラーで事故歴のある車の下取りしてもらう ...