【車査定課長.com】車を1円でも高く売るために教える戦略と裏事情

車査定と、車の買取の裏事情!車を高く売るために知りたい、査定額から一押しして、あと1万円上乗せするための車査定課長からのアドバイス集

廃車同然の車

一括見積査定の裏事情

廃車を3万で買い取ります!といっても3万手元に残らないこともあるので注意!

2016/06/10

ディーラーで車を買うとき、もう廃車だからとあきらめていませんか?専門の買取業者に依頼すればもしかしたら値段がつくかもしれません。

車を新車に乗り換えようとディーラーにいくと、今乗っている車は下取りしてもらうことになりますね。しかし乗っている期間や距離が多く、傷なども多い場合ほぼ値段がつかないといわれることもあります。

お気持ちで・・・ということで3万円とか値段つけてくれることもありますが、明細書を良く見ていないと実は3万円プラスにはなっていないことがあるので注意しましょう。

ディーラーは意外と手数料諸経費が高い・・・

距離が多かったり、年式が古すぎたり、傷がたくさんある車の場合残念ながら値段がつかないこともあります。

「この車は値段つけるの厳しいですね・・・」と営業マンに言われ、落ち込むあなたにこんな言葉がささやかれるでしょう・・・

「ぜひ当社で車を買っていただきたいので、特別に3万円で下取りします!」・・・と

ここで3万円でもつけてくれるなら手を打とうかと考えるのはまだ早いです。

まずは冷静になって「新車の見積書」に良く目を通しましょう。新車の見積書はメーカーによって違いが有り見にくいのですが、見るべきポイントは以下の3つ!

下取り価格・下取り諸費用・リサイクル料金の返還

下取り価格は実際に車を下取る価格。そこに名義変更などの手続きに関わる諸経費が差し引かれます。しかし単純に下取りをする場合には、リサイクル料金というものが返還される点に注意!

リサイクル料金は最終的に車を廃車してしまう人が支払うものであり、廃車ではなくてディーラーに下取りしてもらう時は戻ってきます。

このリサイクル料の返還も含めて3万円と言っていることがあるので注意が必要。さらにその3万円から手続き所費用や査定料が差し引かれ、実際には1万円程度になってしまっていることがあるのです。

全てひっくるめて説明の上3万でとしているのであればいいですが、説明もなしに数字のマジックに混乱してしまうことがあるので気をつけましょう。車だけで3万円なのか、諸々の費用はどうなっているのか良く確認して損しないようにしましょう。

買い取り専門業者にも見積もってもらう

ディーラーではこのような扱いですが、専門の車買い取り業者に査定してもらい買い取ってもらうという方法も有ります。

買い取り専門業者の場合には査定料や諸経費の部分がディーラーよりも安いことが多く、さらにもっと高い値段がつくことがあるので見逃せません。

10年落ち以上でも7万円とか10万円の値段が付く車はゴロゴロしており、見てもらうかもらわないかでちょっとしたオプション代金が浮くくらいの金額になりますね。

例え値段がディーラーと変わらない場合でも、3万円まるっと手に入るのか、諸々諸費用を差し引かれてしまうのとでは大きな違い。車となると元の金額が大きいので「まあいいか」と思う人もいますが、ここはシビアに詰めていきましょう。


-一括見積査定の裏事情
-, ,

車を売るときの疑問解決

1
車査定で買い取り額が上がる仕組みと高く売る具体的な方法

あなたは車を高く売るために、何が重要なことだと思いますか? 査定士との交渉力? ...

2
年式が古い車ほど一括査定をするメリットがある?10年以上乗ってるなら注目!

長年1台の車を乗り続け、愛着を持って手をかけながら寄り添ってきた・・・。そんな車 ...

3
車庫に長年放置してある動かない車でも買い取ってもらえる可能性あり!

乗らなくなって久しい車が車庫に放置してある・・・車検も切れていて動かせないけど何 ...

4
車を売るとき、下取りと買い取りではどんな違いがあるか徹底比較

ディーラーで車を下取りしてもらうのと、買い取り専門店に車を売るのとではどんな違い ...

5
事故車はディーラー下取り価格が安い?事故車を嫌がる内部事情

なぜディーラーは事故車を嫌うのか??ディーラーで事故歴のある車の下取りしてもらう ...